ダイブマスター

プロへの最初のステップです。
インストラクターと共に働き、あなたのダイビング知識を広げ、ダイビングスキルをダイビングのプロフェッショナルとして磨いてください。
そしてPADIインストラクターや生徒ダイバーのアシスタントを経験しながら、あなたのリーダーシップ能力を開発してください。

F.F.メンバー 110,000円(税込)
一般 132,000円(税込)

参加前資格1. PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
2. PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
3. ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
4. ログブックに最小限20回のダイブが完了していること。
5. 18歳以上であること。
内容1. 知識開発モジュール(自習、クラスルーム) 
* ナレッジリビューの提出(9項目)
* エグザム(8トピック、各20問中15問以上の正解)
* 緊急アシストプランの作成
2. 水中スキルとスタミナ・モジュール
* 400m水泳* 15分間立ち泳ぎ
* 800mスノーケル・スイム
* 100m疲労ダイバー曳航* レスキュー評価
3. 現場での応用モジュール 
* 水中地図の作成
* 器材の交換
* ダイブマスターが実施するプログラムの実施
* インターンシップ1もしくはインターンシップ2のどちらかを終了
料金に含まれるもの講習費
料金に含まれないもの海洋実習費 プール使用料 申請料 教材代
その他必要なものDM候補生として適切なダイビング器材一式
*通常器材に加え、時計、コンパス、ナイフ(法律で禁止されてない限り)、緊急用シグナル2個(音の出るもの1つ、視認できるもの1つ)、ダイブフラッグ(法律で義務つけられている場合、ダイブコンピューター
ARI

ただでは終わらないDMコース
当店のダイブマスターコースはすぐには終わりません。なので、「○日間で終わりたい」と言う方はごめんなさいお受けすることができません。
もちろん完成度が高ければ早く終わることも可能ですが、「プロ」と名乗っていく以上恥ずかしくないスキルになるまでは認定できることができないのです。
FFのDMコースは沢山の経験と自信がつけられる本格的プロコースです。

アシスタントインストラクター

PADIアシスタント・インストラクターコースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。
このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。

F.F.メンバー 93,500円(税込)
一般 110,000円(税込)

参加前資格1. PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして 認定されている。
2. 18歳以上であること。
3. ナイト・ディープ・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
4. 認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。
5. 過去24ヶ月以内にCPRとFAのトレーニングを受けていること。
6. ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12か月以内)
内容1. IDCナレッジリビュー、規準エグザム、IDCカリキュラム・プレゼンテーションの聴講と知識開発プレゼンテーション
2. ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション
3. オープン・ウォーター・講習プレゼンテーション、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価
料金に含まれるもの講習費
料金に含まれないもの海洋実習費 申請代 教材代
その他必要なものAI候補生として適切なダイビング器材一式
*通常器材に加え、時計、コンパス、ナイフ(法律で禁止されてない限り)、緊急用シグナル2個(音の出るもの1つ、視認できるもの1つ)、ダイブフラッグ(法律で義務つけられている場合、ダイブコンピューター
MAY

即戦力になる講習が魅力です
FFのAIコースは即戦力になることを目標としています。
認定後、実際にお客様のアシスタントにつくことができますのでDMをとって日が浅い方、実践をされてない方も経験を積むことができます
またPADIコースディレクターが講習にあたりますので常に新しく、アップデートされた内容であることも魅力の一つです。